おすすめ記事

ディールメーカーの報酬をより成果連動に-カーライルやKKR

記事を要約すると以下のとおり。

プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社大手は、案件が枯渇する中でディールメーカーに新たなモチベーションを与えることにした。
 ブルームバーグの計算では、カーライルとKKRのスタッフは、業界全体で既に行われいてる変更を計画的に展開していると述べた。
 カーライルの新制度が数年前に導入されていたと仮定すると、従業員は、21年に約1億9000万ドル(約2%)多くなっていた。
 一方、23年には両社の従業員の報酬は5%以上減少することになる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ディールメーカーの報酬をより成果連動に-カーライルやKKR

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう