おすすめ記事

トランプ氏主張する免責特権、判事は冷ややかな反応-連邦高裁で審理

記事を要約すると以下のとおり。

トランプ前大統領が2020年大統領選の結果を覆そうとして起訴された件で、同氏に免責が認められるのかを巡り、首都ワシントンの連邦高等裁判所で9日に審理が行われた。
 米海軍の精鋭攻撃部隊「シールチーム6」を例に挙げたフローレンス・パン判事は、「シールチーム6に命じることもできるのかと、トランプ氏の弁護士ジョン・サウアー氏に尋ねた。
ワシントンのホテルで記者団に話すトランプ氏の免責特権認めず、20年大統領選を巡る弾劾裁判で連邦上院が有罪評決を下した場合のみだと主張。
 一方、判事らは、弾劾ファーストのルールは、弾劾につながらない犯罪にはどう適用されるのかと繰り返し尋ねた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース トランプ氏主張する免責特権、判事は冷ややかな反応-連邦高裁で審理

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう