おすすめ記事

トランプ氏出馬資格争う道、最高裁が絶つ-「踏み込み過ぎ」と異論も

記事を要約すると以下のとおり。

トランプ前米大統領が2021年1月6日の連邦議会襲撃事件を扇動したとされる行為を巡り、コロラド州の裁判所は昨年12月、同州での大統領選への出馬資格を認めない判断を示したが、米連邦最高裁が4日にこれを覆し、トランプ氏は極めて重要な法的勝利を収めた。
出馬資格を争う道が絶たれる  コロラド州だけでなく、メーン州とイリノイ州でも出馬を認めない判断が先に示された。
議会が3分の2の多数決で候補者を失格とする権限を持つとしか同項は規定しておらず、大きな争点となっていた。
2000年大統領選では、ブッシュ元大統領とゴア元副大統領の勝敗を分ける再集計差し止めを最高裁に保守系判事3人を送り込んだトランプ氏の支持者らが連邦議会議事堂を襲撃したが、この日の自らの行動、つまり根本的な論争の核心部分の行動について、不利に働きかねない分析を免れた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース トランプ氏出馬資格争う道、最高裁が絶つ-「踏み込み過ぎ」と異論も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう