おすすめ記事

トレーダーがユーロ見放す、ECB利上げは終わったも同然との見方

記事を要約すると以下のとおり。

欧州中央銀行(ECB)による一段の金融引き締めは困難との見方が強まる中、トレーダーらは急速にユーロを見限りつつある。
バンク・オブ・アメリカ(BofA)やJPモルガン・チェースのアナリストは、今年のピークからほぼ10%安い1.05ドルに向かって下落すると予想した。
これまでに見られた弱さがインフレ率が2桁台のピークに達しECBが積極的な利上げのさなかにあった1月には複数のアナリストのがユーロに強気だった。
レバレッジドファンドも機関投資家も1年近くユーロのポジションをネットロングにしており、2022年後半につけた20年ぶりの安値からの着実な回復を後押しした。
同時に、先週発表された弱い購買担当者指数(PMI)は、利上げの影響がようやく現れ始めたことを示唆している。
 一方、ブルームバーグの調査でアナリストは年末のユーロ相場予想を1.11ドルに引き下げた。
    ユーロ圏諸国の輸出減少につながるだろう。
 HSBCホールディングスのドミニク・バニング氏は、欧州と米国の経済見通しの乖離(かいり)を考慮すると、ユーロは1.15ドルとアナリストの中で最も高く予想しているが、ここ数週間のユーロ下落がそれほど劇的でなかったことに驚いていると述べている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース トレーダーがユーロ見放す、ECB利上げは終わったも同然との見方

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう