おすすめ記事

ドルは132円前半、金融不安の拡大懸念が一服-FOMC控え上値限定

記事を要約すると以下のとおり。

東京外国為替市場ではドル・円相場が約1カ月ぶり安値付近から反発。
市場の米利上げ織り込みも若干上がり、「その分ドル・円は堅調と話した。」
一方、米連邦準備制度理事会(FRB)は19日、日本銀行や欧州中央銀行(ECB)など5つの中銀と米ドル・スワップ取り決めの下で流動性供給の拡充に向け協調行動を取ると発表。
ただ、4.02%を付けた後は伸び悩んでいる。
 りそなホールディングス市場企画部の梶田伸介チーフストラテジストは、クレディSの支援はいったんリスクオフが一服する材料だが、「米国の地銀問題が残り、テーマとしてはFOMCとの関連が大きいと指摘。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ドルは132円前半、金融不安の拡大懸念が一服-FOMC控え上値限定

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう