おすすめ記事

ドル・円は138円台半ば、米債務上限交渉の行方不透明で動けず

記事を要約すると以下のとおり。

24日の東京外国為替市場ではドル・円相場が1ドル=138円台半ばで推移。
    ドル・円は海外時間に一時138円91銭と昨年11月30日以来の高値を更新した後、米金利とともに失速。
鈴木氏は、市場はテールリスクとして利上げを気にしているとし、雇用統計や物価指標など来月発表の米主要経済指標が軒並み強ければ、ドル・円の「140円タッチもあり得る」とみている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ドル・円は138円台半ば、米債務上限交渉の行方不透明で動けず

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう