おすすめ記事

ドル・円は140円台後半、日銀のYCC柔軟化受けた円金利動向が鍵に

記事を要約すると以下のとおり。

31日朝の東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=140円台後半で推移。
 ドル・円は午前8時16分現在、前週末比0.2%安の140円87銭28日は日銀政策発表後に138円07銭までドル安・円高となった後、海外時間に141円18銭まで上昇した  大和証券の石月幸雄シニア為替ストラテジストは、28日の海外時間の円安について、事前報道で急激に円高が進んだことから、結果を受けた出尽くしで円買いの巻き戻しが起こったのだろうと説明。
その後は、円金利の上昇一服やボラティリティーの低下とともに海外時間は円売りに転じた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ドル・円は140円台後半、日銀のYCC柔軟化受けた円金利動向が鍵に

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう