おすすめ記事

ドル・円は144円台前半、米国の祝日や雇用統計控え模様眺めか

記事を要約すると以下のとおり。

3日の東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=144円台後半で推移。
ここまでのレンジは144円21銭まで下落  NBCフィナンシャルマーケッツ・アジアのデービッド・ルー氏(香港在勤)は、結果の強弱に対してドル・円は素直に反応しそうだが、予想を下回っても下値は限定的とみる。
円が買われる理由はポジションの偏り具合によるものだけで、「基本的には高い金利差から収益を得るキャリーポジションを構築したいという意欲が下値を支えるだろうと述べた。」
資源価格の落ち着きで、円安を巡り政権や日本銀行に対する批判が小さいことが大きな要因だとし、「口先介入も円安のスピードを抑える程度で、しばらく実弾介入はないのではないかと述べた。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ドル・円は144円台前半、米国の祝日や雇用統計控え模様眺めか

Twitterでの意見

土開千昭|株式会社隠密
ドル・円は144円台前半、米国の祝日や雇用統計控え模様眺めか
石原順(西山孝四郎)
ドル・円は144円台前半、米国の祝日や雇用統計控え模様眺めか - Bloomberg 4日に米国の祝日や週末に雇用統計の発表を控えて、相場全体が様子見ムードになりやすい面もある。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう