おすすめ記事

ドル・円は149円台半ば、心理改善が支えも材料難で方向感欠く動きに

記事を要約すると以下のとおり。

17日の東京外国為替市場でドル・円相場は1ドル=149円台半ばで推移。
その上で、予定されている小売売上高など米国の経済指標や米連銀高官の発言、さらにイスラエル・ハマス紛争といった外部要因の見極めから動きづらくなるとみる。
米連邦公開市場委員会(FOMC)は31日-11月1日に開かれる。
イスラエルとハマスの紛争抑制に向けた国際的な取り組みを好感し、質への逃避に伴う需要が後退したことが売り材料となった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ドル・円は149円台半ば、心理改善が支えも材料難で方向感欠く動きに

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう