おすすめ記事

ドル下落、円やスイス・フランが急伸-米CPI鈍化で利上げ軌道再考

記事を要約すると以下のとおり。

ドル指数が14カ月ぶり低水準となり、外国為替市場に波紋が広がっている。
ユーロは1ユーロ=1.30ドルを突破し、ポンドは一時1.10ドルを付け、共に約1年ぶりの高値水準となった。
それがドル安の強力なシグナルとなっていると述べた。
米国債利回りも下げた。
中銀は成長予測を上方修正した一方、インフレ目標の到達時期が従来の想定よりも遅れるとの見方を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ドル下落、円やスイス・フランが急伸-米CPI鈍化で利上げ軌道再考

Twitterでの意見

コツコツスワップ民ユパさま(FX共和国)🇲🇽ペソ神様🙏
ドル下落、円やスイス・フランが急伸-米CPI鈍化で利上げ軌道再考

Twitterでフォローしよう