おすすめ記事

ドル高時代終わらず-7月の相場反転で23年の人気トレード解消の動き

記事を要約すると以下のとおり。

ジュピター・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、マーク・ナッシュ氏(ロンドン在勤)は、ドルの上昇が終わったと考えていた。
米金融当局の引き締めが終わりに近づくに伴い、金利上昇を好機と捉えて殺到した資金の流れが止まり、ドルが下げる中、こうした予想通りの展開になったように見えることもあった。
 米国が悲観的な予想に逆行する一方で、中国や欧州の成長は鈍化し、世界経済の亀裂が拡大。
日本と中国の当局は自国通貨防衛に動き、米企業は利益への打撃に備えている。
 ナッシュ氏は今年半ばにドルの弱気ポジションを解消した。
 しかし、国外で成長が鈍化の兆しを見せているにもかかわらず、米国は力強く前進している。
 こうした状況が重なり、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は7月半ばから8週連続上昇と、週間ベースで過去最長の値上がりを記録していた。
米金融当局がインフレ抑制に成功し、米国の成長が続けば、「ドルは底堅く推移するだろうと述べた。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ドル高時代終わらず-7月の相場反転で23年の人気トレード解消の動き

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう