おすすめ記事

ドル141円台後半、FRB議長発言で政策格差を意識-ドル軟化が重し

記事を要約すると以下のとおり。

22日の東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=141円台後半で推移。
ドル・円は一時的に高値を更新したが、「全体的なドルの軟化や介入警戒感が上値を抑え、やや方向感を失っていると述べた。」
パウエルFRB議長、金利上昇が必要-議員からは銀行規制で圧力   同日の米国債市場では、金融政策に敏感な2年債利回りが前日比3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)高い4.72%程度、10年債利回りはほぼ横ばいの3.72%程度で終了。
 22日にイングランド銀行(ECB)が利上げ継続姿勢を示す中、ユーロ・円は1ポンド=181円ちょうど前後で推移。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ドル141円台後半、FRB議長発言で政策格差を意識-ドル軟化が重し

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう