おすすめ記事

ナスダック100リバランスで波乱増幅も、2.4兆ドルのオプション期日

記事を要約すると以下のとおり。

ナスダック100指数のサイクルから外れた特別なリバランスは、21日のオプション取引期限による株取引の波乱を増幅させそうだ。
 トレーダーは相場の先行きの手掛かりを得ようと企業決算の発表や来週の連邦公開市場委員会(FOMC)を待つ中、ハイテク株比率の高いナスダック100指数の見直しと毎月のオプション期日がほぼ同時に到来する。
「OpEx」と呼ばれるこのイベントで、ファンドマネジャーは通常、既存のポジションをロールオーバーするか、新しいポジションを始める。
 ミルバンク・ダートムア・ポーツマスのファンドマネジャー、デニス・ダビット氏は、「私なら、売られる公算が大きい流動性の低い銘柄に注目するだろうと述べ、「花火が上がるかもしれないと付け加えた。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ナスダック100リバランスで波乱増幅も、2.4兆ドルのオプション期日

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう