おすすめ記事

バイデン大統領に高まる圧力、米兵死亡でイランとの対決求める動き

記事を要約すると以下のとおり。

イランが支援する武装グループがヨルダン北東部の駐留米軍基地を無人機で攻撃して米兵3人が死亡したのを受け、バイデン大統領にはイランと直接立ち向かうよう求める圧力が強まっている。
このほか、トランプ前大統領が2020年にイラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官殺害を命じたケースのように、同国当局者を直接標的とすることも考えられる。
ただそうした場合、米国がイランの指導部と直接対決することになりかねない。
世界の海運に混乱が広がるとともに、新たな経済的動揺を招くとの不安も生じている。
 その上で、「イランの脅威にどう対処するかが一段と広範な課題だとコメントした。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース バイデン大統領に高まる圧力、米兵死亡でイランとの対決求める動き

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう