おすすめ記事

バイデン米大統領、北極圏での石油掘削阻止で大規模な取り組み計画

記事を要約すると以下のとおり。

米国は100年前に、アラスカ州ノーススロープ郡の2300万エーカーを緊急石油供給地として確保したが、バイデン大統領がここにきて、その約半分の地域での石油・ガス開発を阻止すべく動き出している。
それでも、石油業界の主要な成長エンジンとみなされていた。
 企業幹部やアラスカ州の議員らは、今回の計画に対して警戒感を強めており、石油保留地の大部分において、既存リースであっても石油・ガス開発が妨げられる可能性があると主張。
コノコフィリップスは、石油開発と、ホッキョクグマや渡り鳥、カリブーの群れの生息地保護とのバランスをとるために、今回の見直しが必要だと主張している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース バイデン米大統領、北極圏での石油掘削阻止で大規模な取り組み計画

Twitterでフォローしよう