おすすめ記事

バハマ当局、FTX子会社の資産35億ドル相当を押収-消失リスク懸念

記事を要約すると以下のとおり。

バハマ証券委員会は、FTXが米連邦破産法11条の適用を申請した直後に同社のバハマ子会社FTXデジタル・マーケッツ(FTXDM)のデジタル資産35億ドル(約4600億円)相当を差し押さえていた。
指摘された懸念には証券委に対するサイバー攻撃も含まれていた。
 証券委は差し押さえたデジタル資産を「独占的な管理下に置いている」が、これはバハマ最高裁がFTXDMの顧客や債権者、共同清算人らへの資産返還を同委に認めるまでの一時的措置だという。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース バハマ当局、FTX子会社の資産35億ドル相当を押収-消失リスク懸念

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう