おすすめ記事

バフェット氏悩ます異常気象、電力会社との取引に「不吉なリスク」

記事を要約すると以下のとおり。

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイ傘下のパシフィコープは、2020年のレーバーデー(労働者の日)にオレゴン州で発生した火災を巡り、少なくとも2930万ドル(約44億円)の損害賠償支払いが命じられた。
 パシフィコープの経費は増え続けている。
 バフェット氏は株主への年次書簡で、パシフィコープを含むバークシャー・ハサウェイ・エナジー(BHE)について、グループ内の鉄道事業よりも「さらに深刻な業績不振」だと説明。
 「電力会社のために異常気象が頻発する地域において、事実上の最後のよりどころとしての保険会社となるような投資を今後行うことには不吉なリスクがあるとコメントした。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース バフェット氏悩ます異常気象、電力会社との取引に「不吉なリスク」

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう