おすすめ記事

バンクマンフリード被告の両親、米当局調査対象に-2人とも大学教授

記事を要約すると以下のとおり。

共謀や電信詐欺などの罪で起訴された暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの共同創業者サム・バンクマンフリード被告を巡り、米規制当局や議会は調査の対象を拡大し、同被告の両親が果たした役割も調べている。
両親が言及されているだけでも、米政府によるFTX破綻の調査が広範囲に及ぶ可能性がある役割について詳しく説明していない。
FTXのジョン・J・レイ新最高経営責任者(CEO)は13日の下院金融委員会の公聴会で「家族が支払いを受け取った」ことを認めた。
 スタンフォード大学法科大学院はコメント要請にすぐには応じていない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース バンクマンフリード被告の両親、米当局調査対象に-2人とも大学教授

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう