おすすめ記事

バークレイズ、アジアのヘッジファンドや富裕層向けファイナンス強化

記事を要約すると以下のとおり。

英銀 バークレイズはアジアの投資家への貸し付けを拡大させている。
 仲介業務を含むグローバル・マーケッツ部門のアジアでの収入は2019年に比べ2倍となっている。
ホセイン・ザイミ氏Source:BarclaysPlc  バークレイズのプライムファイナンス部門へのアジアのクオンツファンドとマルチストラテジーヘッジファンドからの需要は増している。
低迷期にも有形自己資本利益率(RoTE)10%以上を維持する目標に向けた一環でもある。
 バークレイズは18年からアジアの市場事業復活を模索している。
バークレイズはドル建て商品を買うアジアの株式や通貨、債券へのアクセスを求める域外投資家向けのファインナンスに力を入れているとザイミ氏は説明した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース バークレイズ、アジアのヘッジファンドや富裕層向けファイナンス強化

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう