おすすめ記事

パウエル議長、タカ派姿勢維持しつつ12月利上げペース減速お膳立てか

記事を要約すると以下のとおり。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は今週予定されている講演で、インフレとの闘いが2023年も続くことをあらためて指摘する一方で、金融当局として12月の次回連邦公開市場委員会(FOMC)会合で利上げペースを落とすとの見通しを補強すると見込まれている。
  ただ、米インフレ率が引き続き2%の当局目標を大幅に上回っていることで、議長は利上げペース減速に言及したとしても、来年も利上げを続ける方針についても警告する公算が大きい。
  こうした予測は、今月1、2両日のFOMC会合後の記者会見でのパウエル議長発言に沿ったものだ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース パウエル議長、タカ派姿勢維持しつつ12月利上げペース減速お膳立てか

Twitterでの意見

いなりん
FOMCは問題先送り パウエル議長はややタカ派発言 アメリカの雇用統計はポジティブ インフレがおさまらない可能性 ダウも日経も崩れることなく強い 今週の認識としてはこんな感じでええのかな? 市場環境かなり変わった気がする 今年は大きな下げがこない
Ⓨsuke
ドル円日足20SMA上抜け。 今回のFOMCの声明文、パウエルFRB 議長の発言がタカ派的な内容にも関わらず大きく下落した時は違和感がありました。一方欧州のBOE、ECBはハト派的であった。 もし今回雇用結果が悪ければFRBは利下げの時期を早めるという意見が出てきたと思います。
モリー
パウエルFRB議長は今週のFOMC後の会見でタカ派姿勢を強調していたが、市場は年内の利下げ期待を温存していた。しかし、きょうの米雇用統計は完全にFRBのタカ派姿勢を裏付ける内容となり、市場も年内利下げ期待などのハト派な雰囲気を後退させている。
岸り人(審議役)
通常時だったらパウエル議長の話は十分タカ派ですが、今の相場は耳を指で塞いで聞こえないように「ワー」と叫んでいるガキのようです。ビンタくらいしないと言うことを聞きません。パウエルは政府の債務上限の問題でビンタできなかったかもしれない。
もものFX情報
FOMC後パウエルFRB議長 「継続的利上げ適切も指標次第」 タカ派もドル↘️ 物需要増で物価上昇=インフレ⇒FRB利上げでお金借りにくく⇒需要減で物価抑制狙い⇒金融環境は夏迄引き締めも秋以降緩和見解⇒銅上昇再インフレ(70年代CPI1波)可能性 FF金利平均5.4% 現金利4.75%は低水準 さん必見😊
みるモン
日本経済新聞を読みました。 FOMCを受けて、米長期金利の低下やドル安を予想する見方が広がっている。パウエル議長が金融引き締めに積極的な「タカ派」姿勢を想定ほどみせず、年後半に利下げに転じるとの観測が強まったためだ。もっとも市場の想定…
藤井 まり子
貞子ちゃんの連れ連れ日記 : パウエル議長の2月1日のFOMC後の記者会見は「ばりばりのタカ派」~内外の株式市場の調整局面は近い!??!~
Mu+α
パウエル議長は事前に雇用統計の結果を知っているのかな。もし何か掴んでいるなら、あえて市場を挑発するタカ派を演じなくても数日で自然に株価が⤵︎になり、FRBの姿勢も正当化されると思っていたりして(妄想)。
楽天ウォレット_松田 康生(公式)
昨晩のBOE、ECBで予想通り50bpの利上げ、ラガルド総裁の会見もあまりハト派でなかった印象ですが、英国債・独国債金利ともに大きく低下、GBP・EURともに売られました。昨日のパウエル議長会見もタカ派な部分は殆ど無視。 中銀には逆らうなと言いますが、最近は逆らうことが流行りになってる印象です。
タイタコ
FOMC でパウエル議長がタカ派発言するから、3倍ベアを買おうとかTLで流れてきたけど、そういうギャンブルしてる人は今後退場していきます。 資産を守ることが大切です。 2020年に資産が何十倍になったと言ってた人も退場しましたからね。 米国…
ぽろ
昨日で中銀会合を全て消化。 FRBはパウエル議長から「ディスインフレに入った」との言葉 BOEはインフレピークに達した可能性を指摘、景気後退も昨年想定より浅くなること想定 ECBは3月も0.5%利上げで、利上げ継続姿勢で1番タカ派か。ただ、3月の利上げ後は金融政策を再評価する意向の模様。
松田一郎
ナスダックはどうかしている。確かにパウエル議長の発言は歯切れが悪い。タカ派ともハト派ともとれる。しかし、3月に利上げが止まったとしてもFF金利は4.75%~5%。これを維持されたら、マーケットは大きな影響を受けると思うが、その懸念は今の米国市場にはあまりないようだ。
しおぴー(shiopii)
1日まで開いたFOMCを受けて、市場関係者の間ではこの先、米長期金利の低下やドル安を予想する見方が広がっている。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が金融引き締めに積極的な「タカ派」姿勢を想定ほどみせず、年後半に利下げに転じるとの観測が強まったためだ。
😡岸田利上😡岸田増税😡岸田恐慌😡安倍さん喪失で日本🇯🇵はトコトン落ちる😡
明日に政策金利発表を控え、こんな予想が多いです。「利上げ幅は25ベーシスポイント。記者会見では、パウエルFRB議長はタカ派なことを言いそう。」
のりまき@ずんだ夫婦×投資
投資家の皆さんおはようございます。ダウ、ナスダック、S&P500全て上昇してます。今日から2月FOMCでFRBのパウエル議長さん発表まちです。タカ派発言はしないで下さい。上がった株価が下がってしまいます。今月は上昇相場を期待したいです。投資頑張り…

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう