おすすめ記事

パウエル議長、「なお道のり残る」-0.5ポイントに利上げ減速後も

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、現在進めている積極的な利上げは終了に近づいてはいないとの見解を示した。
FOMC声明:ウクライナ戦争は物価上昇圧力の一因、世界経済に重し  パウエル議長は述べた。
金利予測分布図(ドット・プロット、12月時点での予測から引き上げられた。
 会合後に発表されたFOMCの声明には、「委員会はインフレ率を時間とともに2%に戻すべく十分に抑制的な金融政策スタンスを実現するためには、継続的な誘導目標レンジ引き上げが適切になると見込むと記された。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース パウエル議長、「なお道のり残る」-0.5ポイントに利上げ減速後も

Twitterでの意見

大塚節雄(日本経済新聞)
「ディスインフレーション」を記者会見中10回以上連呼したパウエルFRB議長。潮目が変わる予感も。なお残る市場との溝はどちらがさや寄せする形で決着するのか。 ▶転機呼ぶFRBの「物価超え利上げ」 沸く市場、消えぬ死角: 日本経済新聞
LIGHT FX|トレイダーズ証券
【📰注目記事見出し】 Bloomberg FRB、デフォルトから米経済救えないとパウエル議長が警告 金融庁が地銀に賃上げ促す、人材投資の検討を働き掛け-関係者 FOMC:市場はなおハト派に傾き過ぎている-市場関係者の見方
piyo@VTI×ミスチル投資家、リベ大生🦁
FOMCとFRB議長会見のポイント ・利上げ幅を0.25%に縮小 ・政策金利は4.50~4.75% ・インフレはいくらか緩和したがなお高い ・パウエル議長「インフレ低下は初期段階」 ・パウエル議長「利上げをあと二回行うことを協議している」
タッタ🇯🇵素人ふぁんだめんたる分析
現在の 米政金利 450-475 (4.50%) 次回 FOMC 2023/3/22 利上げ織り込み度(%) 450-475(0)14.4%() 475-500(0.25) 85.6% () パウエル議長は近い将来の利上げがなお議題に上っていると示唆したが、短期金融市場では年末までの利下げがさらに織り込まれた。 金融政策
Fuku
パウエルFRB議長が FOMC後に行った会見の内容は以下 ・過去1年、われわれは力強い行動を取った 。多くの措置を講じたが、 全面的な効果はまだ感じられない ・なお取り組むべきことが多くある ・十分に制約的なスタンスとなるために、…
ひで@わくドキ!🇺🇸米国株投資×ブログ
おはようございます☀ 🇺🇸米国市場FOMCで0.25%利上げを発表しました。 パウエル議長は消費者支出は抑制されているものの労働市場は今もなお堅調でインフレは目標を大幅に超えているなどの認識を示しました まだまだ課題は残されているようです。 今日は仕事お休み 用事はいっぱい😂 皆さん良い一日を🌈
イブ💰🇺🇸🇯🇵🇮🇳つみNIさ🧱@元金融営業Nヘトヘト🇮🇳🇨🇳
パウエルFRB議長がFOMC後に行った会見の内容は以下の通り。 *過去1年、われわれは力強い行動を取った *多くの措置を講じたが、全面的な効果はまだ感じられない *なお取り組むべきことが多くある *十分に制約的なスタンスとなるために、継続的な利上げが適切と引き続き想定
米株ニキ
なおFOMC前 FRBにケンカ売ってもいいか~の図 パウエル氏の議長発言恐くなってきました…
なお🇺🇸パウエル議長、先日のコロナ陽性判明から、CDC指針による隔離期間は過ぎています。 参考まで、2022年4月に🇪🇺ラガルド総裁がコロナ陽性になったときは、同14日理事会後の記者会見は予定通り開催。金融政策は金利据え置き、QT方針確認…
水上紀行STAFF@二代目
なお🇺🇸パウエル議長、先日のコロナ陽性判明から、CDC指針による隔離期間は過ぎています。 参考まで、2022年4月に🇪🇺ラガルド総裁がコロナ陽性になったときは、同14日理事会後の記者会見は予定通り開催。金融政策は金利据え置き、QT方針確認。利上げの年内開始の可能性についても言及。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう