おすすめ記事

パックウエスト救済の舞台裏、陰の立役者はまたもダイモン氏

記事を要約すると以下のとおり。

米カリフォルニア州の地方銀行持ち株会社パックウエスト・バンコープは借り入れを重ね、窮地に追い込まれていた。
この救済劇の陰の立役者がJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)だ。
選択肢が尽きつつある中で、就任したばかりのパックウエストのポール・テイラーCEOが目を付けたのがバンク・オブ・カリフォルニアのジャレド・ウルフCEOだった。
この時のプレースメントエージェントがJPモルガンが同行とパックウエストはこのローン債権最大18億ドル相当の買い入れに合意したことだ。
JPモルガンが住宅ローン買い入れ、パックウエスト買収絡み-関係者  ダイモン氏は、パックウエストが地銀を巡る混乱で影響を受けていた4月から同行に強い関心を寄せていた。
 ただ、同氏はその後、政府の主導で経営不振に陥っていたファースト・リパブリック・バンクを5月に救済。
 規制当局はこの合併が比較的早く承認プロセスを通過することを示唆しており、今のところ投資家たちも支持しているようだ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース パックウエスト救済の舞台裏、陰の立役者はまたもダイモン氏

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう