おすすめ記事

ビッグマネーが債券回帰、今こそ方針転換を-シフトは始まったばかり

記事を要約すると以下のとおり。

米 カリフォルニア州教職員退職年金基金(CALSTRS)の最高投資責任者(CIO)にクリストファー・エイルマン氏が就任した2000年、同基金が管理する4ドルのうち1ドルは公社債と住宅ローン証券に投資されていた。
高めの利回りに加え、各国・地域の金融緩和開始で大きな利益を得られる可能性がある国債はより魅力的になっていると指摘した。
CALSTRSもその一つだ。
ブルームバーグ・グローバル・アグリゲート指数は、主要国の利上げサイクルが長引いたため23年10月中旬までに4%近く下落した。
クリストファー・エイルマン氏Photographer:ChristopherGoodney/Bloomberg    ほとんどの主要市場でインフレ率は低下傾向にあり、トレーダーは米国で今年6回程度の利下げを見込んでいる。
 「24年に米連邦準備制度が利下げに踏み切る理由は幾つもある。」
変曲点  1050億ドル規模のバンガード・ウェリントン・ファンドを運用するローレン・モラン氏は述べ、「金融環境タイト化の影響の初期兆候が見えてきており、はるかに高い利回りで資金を活用する機会があると説明した。」
 CALSTRSの最も新たな長期計画には、債券の目標配分を今年半ばまでに14%に減らす方針。
 いわゆる株式リスクプレミアムによれば、S&P500種株価指数の益回りは、債券への転換はまだ始まったばかりだと話す。
投資家の債券保有が構造的に不足していた長い期間が終わろうとしていると同氏は述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ビッグマネーが債券回帰、今こそ方針転換を-シフトは始まったばかり

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう