おすすめ
ピカソの絵が素晴らしいといわれる理由

これまで、書くことについてはいろんなトレーニングをしてきたけれど、やはり、いちばん印象に残っているのは、言葉のクロッキー。
https://t.co/sPpdqIOfG6
文字通り、文章でどう描き起こすか、ということに特化して取り組むメソッド。
サービスも再開したのは嬉しい。

クロッキーとは、いわゆる下描き。
しかし、下描きがしっかりしていないと、その上にどんなに着色をしようが、歪んだ画、この場合は文章にしかならない。

例えば、人は、何か文章を書こうとした時、無意識にブレーキをかけている。
こんなこと書いていいかな、とか、こっちの言葉の方がいいかな、これで伝わるかな、など。
そのブレーキを外すだけで、次々と言葉を紡げるようになる。
これは確かだ。ただし、正しいトレーニングをしないといけない。

そんな素敵な言葉を生み出せるようになる、トレーニングが言葉のクロッキー。
美の巨匠、ピカソだって、あのへんちくりんな絵は精巧なクロッキーができる基礎の上にできているのです。
ピカソのようなすごい人にならないまでも、僕ら凡人もきちんとトレーニングを受ければ、美しい日本語を描けるようになります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事