おすすめ記事

ピムコ、「債券投資には十分な根拠」-今年リセッション入りの公算大

記事を要約すると以下のとおり。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は最新のリポートで、今年はリセッション(景気後退)が迫っているため、「債券に投資する十分な根拠」があると指摘した。
 金利リスクに対しては中立になるよう推奨し、米インフレ連動国債(TIPS)は「コアインフレが現在の水準に比べてどこで落ち着くかを巡って不透明感があることから、堅調に推移する可能性がある」とした。
 米住宅ローン担保証券(MBS)については、見通しは力強く、「予想通り金利のボラティリティーが低下すれば、MBSの支援材料になると指摘した。」
円は当社のバリュエーションモデルでは割安と評価されており、予想よりも深いリセッションになった場合に恩恵を受けると予想されるポジションだとした。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ピムコ、「債券投資には十分な根拠」-今年リセッション入りの公算大

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう