おすすめ記事

ピーター・タスカ氏、非鉄金属や化学に強気-日本株ファンドは好成績

記事を要約すると以下のとおり。

日本株ストラテジストの草分け的存在であるピーター・タスカ氏は、非鉄金属や化学株に対し強気な見方をしている。
TOPIX(東証株価指数)のマイナス1.4%に対して大きくアウトパフォームしている。
アシスタントポートフォリオマネジャーのベン・ウィリアムズ氏がブルームバーグの取材に対して明らかにした。
日本の化学メーカーは石油化学製品による収益割合が高い特殊化学製品よりもマージンが高いため、より安定する傾向にある上、株価収益率(PER)などのバリュエーションは非常に割安だとウィリアムズ氏は判断する。
市場予想に基づくPERをみると、非鉄金属と化学株は足元で1桁台と10年間に推移したレンジの下限にある。
 タスカ氏は、金利上昇に伴い株式市場は「この2-3年間に見てきた動きの大きな逆転が起こっている」と話す。
企業は積み上がったフリーキャッシュフローをどこかに割り当てないといけない環境にあるとみる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ピーター・タスカ氏、非鉄金属や化学に強気-日本株ファンドは好成績

Twitterでの意見

ピーマン(paprika)
ピーター・タスカ氏、非鉄金属や化学に強気-日本株ファンドは好成績 から
kabe
ピーター・タスカ氏、非鉄金属や化学に強気-日本株ファンドは好成績   より ↑ ピーター・タスカ氏、懐かしい方です 元クラインオート・ベンソン証券(英)所属 「日本株」復活の予感です。 私の某非鉄金属株も上がってほしい

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう