おすすめ記事

フォードやトヨタ、EV原材料サプライヤーと意見対立-税額控除巡り

記事を要約すると以下のとおり。

 米内国歳入庁(IRS)がIRAのEV向け税額控除条項に関する一般の意見を募る中、そうした亀裂の露呈でこの問題を巡りサプライチェーン上の各企業が抱えるさまざまな課題が浮き彫りになった。
 同社はこの条項を過度に拡大して解釈すればEV向け税額控除はほぼ利用不可能となり、同法の目的が損なわれる恐れがあると指摘した。
製造・調達に関する指針は詳しく説明される必要があり、税額控除の対象となる調達先についてより厳格な解釈を望んでいる。
 米鉱業協会(NMA)はIRAに関するコメントで、「中国は世界のバッテリー生産能力の75%余りを有し、その優位性は他の追随を許さない鉱物サプライチェーンの支配に基づいていると指摘。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース フォードやトヨタ、EV原材料サプライヤーと意見対立-税額控除巡り

Twitterでの意見

Maggy
フォードやトヨタ、EV原材料サプライヤーと意見対立-税額控除巡り
山下真琴:自称エコノミスト 【経済政策と脱炭素】
インフレ抑制法 懸念される外国事業体 現インフレ抑制法では、「懸念される外国事業体」から調達する部材を含むバッテリーを使用したEVは税額控除から外れる フォードやトヨタ、EV原材料サプライヤーと意見対立-税額控除巡り から
Maggy
「インフレ抑制法」の原材料条項は確かに自動車メーカーには重荷。ただ、米中対立の中、ここを緩和するのは長期的には好ましくないという見方も。 / フォードやトヨタ、EV原材料サプライヤーと意見対立-税額控除巡り NewsPicks …
ケイ@株20ヶ月目🔰
一方、自動車業界に原材料を供給する米鉱業各社は同条項について、製造業者を国内の生産者に向かわせる上で適切だとしており、自動車メーカー側のスタンスと対立している。 フォードやトヨタ、EV原材料サプライヤーと意見対立-税額控除巡り - Bloomberg
名無し
アメリカのEV部品調達ルールでいろいろな対立があるようだ。バッテリーやその材料が中国メーカーの寡占状態にある中での規制は難しそうだ。 高価格のEVがさらにコスト高になるかも。 フォードやトヨタ、EV原材料サプライヤーと意見対立-税額控除巡り htt…
シマシマネコのママ 🌕🏳️‍🌈💙💛🌻(戦争反対。憲法改悪反対。原発動かすな。PCR検査を)
フォードやトヨタ、EV原材料サプライヤーと意見対立-税額控除巡り 米鉱業協会「中国は世界のバッテリー生産能力の75%余りを有し、その優位性は他の追随を許さない鉱物サプライチェーンの支配に基づいている」と指…

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう