おすすめ記事

フーシ派、米商船をミサイル攻撃-海運業界団体は紅海南部の回避勧告

記事を要約すると以下のとおり。

イエメンの親イラン武装組織フーシ派は15日、米国が所有する商船を対艦弾道ミサイルで攻撃した。
OnJan.15atapproximately4p.m.(Sanaatime),Iranian-backedHouthimilitantsfiredananti-shipballisticmissilefromHouthi-controlledareasofYemenandstrucktheM/VGibraltarEagle,aMarshallIslands-flagged,U.S.CentralCommand(@CENTCOM)January15,2024  海運業界団体のバルチック国際海運協議会(BIMCO)は、フーシ派の能力に打撃を与えるべく、米英軍が空爆を実施した後も、紅海南部の航路は商船にとって依然として危険過ぎるとの見解を示していた。
これに対し、フーシ派は米英の船舶に対する報復攻撃を行うと警告している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース フーシ派、米商船をミサイル攻撃-海運業界団体は紅海南部の回避勧告

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう