おすすめ記事

ブラックストーン、不動産価格の底打ち指摘-「行動するタイミング」

記事を要約すると以下のとおり。

世界最大のオルタナティブ資産運用会社、米 ブラックストーンのジョン・グレイ社長は不動産価格が底打ちしたと指摘。
金融機関では低金利時代の融資で生じた含み損が実現し始めており、新規の資本需要が著しく強くなっていると付け加えた。
 「別世界で行われた取引が今頓挫しているケースが大量に報じられるだろうと述べ、「しかし足元の資本コストは下がり始めており、スプレッドもタイトになり始め、新規の建設は劇的に減ってきていると指摘した。」
連邦預金保険公社(FDIC)は11月、シグネチャー・バンクの商業不動産ローンポートフォリオを売り出し、ブラックストーンは応札に参加している。
ブラックストーンのAI革命、データセンター投資で変わる米地域社会  グレイ氏は「不動産市場が底を打ち、金利が低下し始め、連邦公開市場委員会(FOMC)がいずれ利下げに踏み切ると考えられる状況で、新規の供給は不足している。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ブラックストーン、不動産価格の底打ち指摘-「行動するタイミング」

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう