おすすめ記事

プライベート融資、利息繰り延べに新手法-シンセティックPIK

記事を要約すると以下のとおり。

ローンの利息の支払いが満期まで繰り延べられ元本に加算されていく「ペイメント・イン・カインド(PIK)」の仕組みは、プライベートレンダーによってよく利用されるが、そこに新たな工夫が加わった。
米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げによって多額の負債を抱える企業は利払いが難しくなっているため、このような柔軟性が強く求められている。
プライベートクレジットファンドは融資可能な現金を増やすために銀行から借り入れを行うことが多いが、銀行は、ポートフォリオに占めるPIKのコンセプトはまったく新しいものではない。
特に、不採算のハイテク企業や、契約のようなものから経常的な収益を得ている企業で、シンセティックPIKを売り込んでいると事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べた。
 ブルー・アウルの担当者はコメントを控えた。
DDTLでは、借り手のバランスシートに負債が加わることになる。
ほとんどの場合、シンセティックPIKは、ファンドが銀行が課すPIK割合上限という制約を回避する手段になる。
しかし、シンセティックPIKでは利息は現金で支払われるため、そのリスクを軽減することができる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース プライベート融資、利息繰り延べに新手法-シンセティックPIK

Twitterでフォローしよう