おすすめ記事

プリウス生誕の日本市場、ハイブリッド車ようやく主流に-新車販売

記事を要約すると以下のとおり。

日本でハイブリッド車(HV)の売れ行きがかつてないほど好調だ。
他の多くの先進国・地域の市場が自動車メーカーにバッテリー式電気自動車(BEV)による完全な電動化を迫る中、日本の大手メーカーは消極的なことで知られてきた。
価格はプリウスが320万円からであるのに対し、米EVメーカー、テスラのセダン「モデル3」は561万円からだ。
ディーゼル車は4%を占め、BEVは2%とかなり出遅れている。
30年までには販売される3台のうち2台がHVになると予想している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース プリウス生誕の日本市場、ハイブリッド車ようやく主流に-新車販売

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう