おすすめ記事

プーチン氏に賭けた習氏の危ういギャンブル、負ければ失うもの多し

記事を要約すると以下のとおり。

ロシアのプーチン大統領は2022年2月の中国訪問で習近平国家主席から「限界のない」パートナーシップという約束を取り付けた。
 両首脳の会談が、パレスチナ自治区ガザを実効支配しているイスラム組織ハマスとイスラエルの紛争の拡大を防ぐよう求めた。
習氏、そしてイランに接近しているプーチン氏への圧力は一段と強まっている。
 西側諸国がロシアとの貿易関係を断つ中で、中国の対ロシア輸出は今年57%急増。
習氏のモスクワ訪問(今年3月)Photographer:GrigorySysoyev/Sputnik/AFP/GettyImages  プーチン氏にとって、今回の訪中は国際刑事裁判所(ICC)から戦争犯罪容疑で逮捕状が出されて以後、旧ソ連圏訪問を除けば初めての外遊となる。
それは、西側諸国、特に米国は支援を約束している。
すぐにはあり得ないだろうが、実際にもし中国が台湾に侵攻するようなことがあれば、ロシアは食料や燃料の供給を確保し、国連安全保障理事会で政治的な援護をする可能性がある。
このため、プーチン氏に賭けるギャンブルの度が過ぎるのではないかという疑念も浮上している。
ロシアが始めた戦争に関与したくない「中国エリート層の一部からすれば、プーチン氏は習氏にとって一段と重荷になっている」と述べた。
中国の核兵器を管理するロケット軍の幹部も刷新された。
 マレーシアのマラヤ大学で中国研究所所長を務め、中国政治について多くの著書があるヌゲオウ・チャウ・ビン氏は習氏が13年に中国国家主席に就任した後、初めて訪中した外国首脳だ。
19年にはタジキスタンで習氏の誕生日を共に祝った。
抗争  しかし、欧州を拠点とするある外交官は、2人の関係性には同志間の抗争のような側面もあると主張する。
EU担当の中ソ国境紛争時)Source:Sovfoto/UniversalImagesGroup/GettyImages  中国政府にとってもう一つの「レッドライン」は、国連憲章にうたわれている領土主権の原則だ。
習氏はまた、北大西洋条約機構(NATO)拡大に対するプーチン氏の懸念を共有しているように見える。
「多くの人々がロシアを嫌い、ロシアを批判している」とも話した。
 今のところ、ロシアは対中関係の不均衡についてほとんど何もできない。
自動車産業のような分野では、欧米企業の撤退で生じた空白を埋めるため支援を得なければならず、ロシアにある乗用車工場14カ所のうち、稼働しているのはわずか8工場だ。
 ロシア輸出決済での人民元の使用は、ウクライナ侵攻前のゼロから今年8月には29%に増加した。
中国政府にとっての焦点はロシアがどれだけ譲歩する用意があるかということでは必ずしもない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース プーチン氏に賭けた習氏の危ういギャンブル、負ければ失うもの多し

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう