おすすめ記事

ヘッジファンド、大型テクノロジー株の保有削減-次のAI勝者探す

記事を要約すると以下のとおり。

ヘッジファンドはメガキャップのテクノロジー株の保有を減らす一方で、人工知能(AI)ブームの恩恵を受け得る幅広い企業に賭けている。
 スナイダー氏によれば、第1四半期には半導体メーカーのリテルヒューズなど、AIインフラ関連銘柄の人気が最も人気のあるロングポジションであることに変わりはないという。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ヘッジファンド、大型テクノロジー株の保有削減-次のAI勝者探す

Twitterでフォローしよう