おすすめ記事

ヘッジファンド、10年物米国債ショートが過去最高-景気後退予想せず

記事を要約すると以下のとおり。

ヘッジファンドは米経済がリセッション(景気後退)を回避することについて、米連邦準備制度と同じくらい自信を持っているようだ。
     米国債利回りは低下した。
21年にロングが数年来の高水準となった直後には、利回りは月初から9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し3.56%。
3月の45bp低下の一部は、ヘッジファンドが現物債を買い先物をショートするベーシス取引が復活した結果かもしれないと、ジェイミーソン・クート・ボンズのシニアポートフォリオマネジャー、ジェームズ・ウィルソン氏が述べた。
 ベーシス取引の利幅は通常小さいため、レバレッジを効かせる傾向がある。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ヘッジファンド、10年物米国債ショートが過去最高-景気後退予想せず

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう