おすすめ記事

ヘッジファンドのスター運用者、中国株強気で大きな代償-自信喪失も

記事を要約すると以下のとおり。

ベテランのヘッジファンド運用者であるチュア・スーン・ホック氏にとって、2024年は中国株の数年にわたる上昇の始まりの年であり、一世一代のチャンスとなるはずだった。
日本株のショートが裏目に出たことに加え、中国株の低迷は習近平国家主席をはじめとする政策当局者の無策に主に起因すると主張した。
今月に資産の19%近くを失ったファンドは残りの資金を投資家に返還する。
 同氏はソーシャルメディアの微信(ウィーチャット)への23日の投稿で「迅速な勝利を想定するという間違いを犯した」と説明。
 ティー・ロウの国際株式部門責任者、ジャスティン・トムソン氏は「目の前にある証拠は全て、経済データが私および誰もが思っていたよりもずっと弱いことを示している」と語った。
中国当局の大胆な株式支援策、不信感募らせる投資家は景気後退の可能性を懸念していると、上海雲漢資産管理の張文超社長は指摘。
 底が見えず「本当に恐ろしかった」と振り返った同氏は、投資家の希望はファンダメンタルズやセンチメントよりもむしろ政策支援にかかっていると付け加えた。
 それでも、一部の中国強気派はまだ諦めていない。
 「心の底で私は、中国の高度成長期は終わった。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ヘッジファンドのスター運用者、中国株強気で大きな代償-自信喪失も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう