おすすめ記事

ヘッジファンドのドルショート膨らむ-FRBの方針転換後

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度が引き締め終了を示唆して市場を動揺させた後、ドル安を見込む取引の人気がヘッジファンドなどで高まっている。
ブルームバーグ・ドル・スポット指数は7月以来の安値となり、年初来では2%を超える下落で、2020年以来最悪の年間値下がり率となる方向だ。
米PCE、コア価格指数が予想下回る伸び-利下げ観測を後押し ユーロが一時1.1ドル台、8月以来の高値-米利下げ観測でドル安  スイス・フランは対ドルで2015年以来の高値に上昇し、ユーロとノルウェー・クローネは今年8月以来の高値を付けた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ヘッジファンドのドルショート膨らむ-FRBの方針転換後

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう