おすすめ記事

ヘッジファンドの米国株ショート、11年ぶり高水準-CPIや決算控え

記事を要約すると以下のとおり。

ヘッジファンドは米国株に対する弱気なポジションを再び拡大している。
 JPモルガン・チェースのプライムブローカー部門のデータも同様のパターンを示している。
ゴールドマン・サックス・グループのプライムブローカー部門によれば、テクノロジー株の上昇を追いかけていたヘッジファンドは売り手に転じ、ここ1年3カ月で最も速いペースで同銘柄のロングポジションの解消に動いている。
 アンドルー・タイラー氏らJPモルガンのトレーディングチームは顧客向けリポートで「投資家は依然として弱気であるほか、先週はリセッション観測が支配的となり、悪いニュースが悪いニュースとして扱われた」とし、「投資家との会話では、企業決算で重大な変化が見られない限り、S&P500種が3800-4200のレンジで推移するとの見通しが示されていると指摘した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ヘッジファンドの米国株ショート、11年ぶり高水準-CPIや決算控え

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう