おすすめ記事

ヘッジファンドの英マンが邦銀株敬遠、日銀修正後の見方で市場は二分

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の超金融緩和政策の終了が近づいている兆しが見える中、一部のヘッジファンドマネジャーとストラテジストの間で日本の銀行株の運命を巡り意見が割れている。
 バッジャー氏の見解は野村証券と一致し、日本の銀行株に強気な米ゴールドマン・サックス・グループやモルガン・スタンレーとは対照的だ。
一方、野村証のチーフストラテジストは銀行株は既にピークアウトしたとし、世界経済のさらなる減速と債券利回りの低下が銀行の収益の重荷になるとの見方を示す。
 バッジャー氏は「マンGLGジャパン・コアアルファ・エクイティー・ファンド」の共同運用者であり、ブルームバーグのデータによると、過去3年間のリターンは約2倍で、同種ファンドの98%に対しアウトパフォームしている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ヘッジファンドの英マンが邦銀株敬遠、日銀修正後の見方で市場は二分

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう