おすすめ記事

ヘッジファンドの英マンが邦銀株敬遠、日銀修正後の見方で市場は二分

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の超金融緩和政策の終了が近づいている兆しが見える中、一部のヘッジファンドマネジャーとストラテジストの間で日本の銀行株の運命を巡り意見が割れている。
 バッジャー氏の見解は野村証券と一致し、日本の金融株をオーバーウエート推奨しており、UBSグループも最近の下落で30%以下に縮小した後、再び上昇に転じると予想している。
一方、野村証のチーフストラテジストは銀行株は既にピークアウトしたとし、世界経済のさらなる減速と債券利回りの低下が銀行の収益の重荷になるとの見方を示す。
 バッジャー氏の見解中堅自動車株は一般的に高収益を上げており、バランスシートが強固でバリュエーションも低く、リストラ中であるコーポレートガバナンス改革の動きは、日本株は投資家満員で混雑-上値追いは難しい局面に銀行など金融株に売り、米FOMC受け業績期待後退-乱高下継続も投資家「おなかいっぱい」の銀行株、強気過ぎた反動-買い継続の声も。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ヘッジファンドの英マンが邦銀株敬遠、日銀修正後の見方で市場は二分

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう