おすすめ記事

ヘッジファンド運用者、迫り来る社債満期の壁に賭け-自己資金も投入

記事を要約すると以下のとおり。

ヘッジファンド運用者のアダム・シュワルツ氏は、2020年の社債市場の 好不況を正しく予測して富を得た。
残りは、シュワルツ氏はそのコストを、債務の少ない企業に投資することで補っているという。
しかしシュワルツ氏によれば、倒産件数が予想以上に急増する可能性を利回りは織り込んでいない。
アダム・シュワルツ氏Photographer:SaulMartinezforBloombergBusinessweek  新型コロナのパンデミック(世界的大流行)期の借り入れ急増の影響は今年、企業に重くのしかかるとみられ、多くのヘッジファンドは、それが負債を抱えた企業の淘汰(とうた)に拍車をかけると見込んでいる。
その3分の1弱が2020-21年に発行されたものだ。
これら社債の米国債に対する平均スプレッドは約95ベーシスポイント(bp、1月の起債急増の一因は、インフレ持続などで金利は市場で期待されているほど速くも大きくも下がらないかもしれないと考えている。
パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が3月にも利下げが始まるとの期待を打ち砕いたことで債券は急落し、この見方はある程度正当化された。
CorporateBondMaturitiesSource:BloombergDataincludesinvestment-gradeandhigh-yieldbondsissuedintheUSandEurope  迫り来る満期の壁をにらんで空売りしようとしているのはシュワルツ氏だけではない。
世界金融危機以降でパンデミック期の最初の12カ月を除いて最悪の年となった23年には、200社を超える米国の大きなチャンスがあるとみている。
同氏は空売りしている具体的な銘柄は明かさないが、レバレッジの高い企業に投資しているプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社やキャッシュフローが乏しいオンライン小売業者が混在している。
しかしシステム内に存在する膨大な負債を考えれば、懐疑的で慎重である方がずっといいと同氏は語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ヘッジファンド運用者、迫り来る社債満期の壁に賭け-自己資金も投入

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう