おすすめ記事

ボラティリティー上昇にトレーダーは警戒緩めず-最近の市場沈静化も

記事を要約すると以下のとおり。

世界の金融市場は最近、不安を伴いつつも落ち着きを取り戻している。
 一段と質の高い資産に殺到する流れは今や逆転し始めたと、シティグループのストラテジストは指摘する。
 ノルデア銀行のチーフストラテジスト、ヤン・フォンヘリッヒ氏は、ターミナルレート(金利の最終到達点)や物価目標達成に必要な追加の金融引き締めの停止や利下げに追い込まれるとの観測の浮上で、米国債相場は急上昇した。
 債券市場とは対照的に、株価の変動は落ち着いており、S&P500種株価指数に連動したCBOEのボラティリティーを示すICE・BofA・MOVE指数は金利の道筋に依然として多大な不確実性があることを示唆している。
 ティア1アルファ・リサーチのストラテジストはこうした状況について、「不安の兆しは何もないとし、現在は株式のボラティリティーをショートするタイミングだとみている。」
  為替逼迫あるか?  最近の危機を受けて、主要通貨の将来的なボラティリティーの指標もいったん上昇したものの、昨年後半に付けた高水準は下回ったままだった。
「銀行の与信引き締めの遅延効果」が顕在化するとも指摘している。
クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の指数のボラティリティーはパンデミック期に見られた水準に上昇し、米ジャンク(投資不適格)級社債のブルームバーグ指数では利回りプレミアムが540ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)前後と、昨年10月以来の高水準を付けた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ボラティリティー上昇にトレーダーは警戒緩めず-最近の市場沈静化も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう