おすすめ記事

マイナス金利解除織り込みは行き過ぎとの声、景気・物価押し下げ懸念

記事を要約すると以下のとおり。

 野村証券の松沢中チーフストラテジストは「さすがに行き過ぎだ」と語る。
急ピッチの利上げ織り込みはYCC撤廃時の混乱に伴うリスクプレミアム(金利上乗せ)が多分に含まれているとみる。
20日発表の全国のコアCPIも同程度の伸びが見込まれている。
OIS金利からインフレ期待を差し引いた実質金利は「すでにプラス化し、景気抑制的な領域に入っている」と指摘。
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の六車治美チーフ債券ストラテジストも「利上げをするには日銀が経済、物価の先行きに自信を持っていることが必須条件だが、世界経済が減速するとの見方がコンセンサスになる中、今の時点で利上げを織り込むのは時期尚早だ」と語る。
松沢氏は「今回の決定会合の焦点は、日銀が利上げ期待をいかに鎮められるかだろう」とみている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース マイナス金利解除織り込みは行き過ぎとの声、景気・物価押し下げ懸念

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう