おすすめ記事

マイナス金利解除織り込みは行き過ぎとの声、景気・物価押し下げ懸念

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の金融政策への市場の見方が反映されるオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)相場は、マイナス金利解除まで織り込んでいる。
 野村証券の松沢中チーフストラテジストは「さすがに行き過ぎだ」と語る。
急ピッチの利上げ織り込みはYCC撤廃時の混乱に備えたヘッジ、債券先物の市場機能喪失、保有資産の損切りなどによる「需給のゆがみが反映されている可能性がある」と指摘。
20日発表の全国のコアCPIも同程度の伸びが見込まれている。
OIS金利とBEIの差である実質金利は0.3%付近で推移している。
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の佐野一彦チーフストラテジストは「12月会合時より市場機能が低下しているため無回答というわけにはいかない」と指摘する。
松沢氏は「今回の決定会合の焦点は、日銀が利上げ期待をいかに鎮められるかだろう」とみている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース マイナス金利解除織り込みは行き過ぎとの声、景気・物価押し下げ懸念

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう