おすすめ記事

マクロン仏大統領が下院を解散、選挙実施表明-欧州議会選で惨敗

記事を要約すると以下のとおり。

フランスとドイツの有権者は9日に行われた欧州議会選挙で自国リーダーに大打撃を与えた。
 ユーロは週明けの取引開始直後に一時0.3%安の1ユーロ=1.0766ドルまで下落し、約1カ月ぶりの安値を付けた。
極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は15%と、SPDと2位の座を分け合う方向だ。
外的な危険であれ、われわれが直面している課題は、議論の明確さを求め、国のために野心を持ち、国民一人一人を尊重することを求めていると述べた。
世界中の人々を苦しめてきたこの痛ましいグローバリズムの幕を閉じるものだと語った。
左派の民主党の得票率は21.5%。
フォンデアライエン欧州委員長(右、6月9日)Photographer:JohnThys/AFP/GettyImages  同予測は、11カ国の選挙前の世論調査に基づく。
 投票後に発足する次期欧州委員会と27の加盟国が防衛費の増額を求めている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース マクロン仏大統領が下院を解散、選挙実施表明-欧州議会選で惨敗

Twitterでフォローしよう