おすすめ記事

マツダ次期社長、今期は中国で反転攻勢へ-中国仕様SUV投入で

記事を要約すると以下のとおり。

マツダの次期社長に内定している毛籠勝弘専務執行役員は12日、販売が低迷している中国について、今期(2024年3月期)は新たにスポーツ多目的車(SUV)を投入して「反転を始める年」だとの考えを示した。
販売急減マツダの青山裕大専務執行役員は、台数が大きく減少した前期は「非常に厳しい戦いだった」と振り返り、「想定以上に新エネルギー車中心の成長が続くと見込むが、アウトドアやオフロードなど「内燃機関車ならではの使用シーンや特徴があるので、そこを前面に出してしっかりと訴求して売っていきたい」と続けた。
青山氏によると、既に始めているCX-50の受注は「計画通りの立ち上がり」だという。
 関連記事:三菱自、販売低迷する中国では構造改革が必要-協業先と対応を協議中国で日本車販売にブレーキ、EVの急速な普及で勢力図に変化。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース マツダ次期社長、今期は中国で反転攻勢へ-中国仕様SUV投入で

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう