おすすめ記事

モルガンSの株価大幅安、ウェルス事業利益率は低水準続く見通し

記事を要約すると以下のとおり。

米銀 モルガン・スタンレーのテッド・ピック新最高経営責任者(CEO)は、市場の手荒い歓迎を受けた。
 ウェルス事業は通年の税引き前利益率が24.9%。
だが、競合をしのぐ成長を維持できるのか、ピック氏には多くの疑問が突きつけられている。
自分の父もかつてはブローカーだった。
 同社株価の下落率は一時4%を超え、KBW銀行指数構成銘柄のうち最悪のパフォーマンス。
市場予想は64億ドル以上には届かないペースだ。
債券トレーディング収入はアナリスト予想の22億6000万ドルだった。
株式引受手数料は2億2500万ドルと低空飛行が続いた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース モルガンSの株価大幅安、ウェルス事業利益率は低水準続く見通し

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう