おすすめ記事

ラガルドECB総裁、インフレ要因としての賃金の重要性高まっている

記事を要約すると以下のとおり。

欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は15日、賃金の上昇がこれまで以上に重要なインフレ要因になっていると指摘し、利下げを急がないよう警告した。
EconomistsExpectFourECBRateCutsThisYearSource:BloombergsurveyofeconomistsconductedFeb.2-8   世界の主要中銀は、インフレ抑制のために実施した利上げを、再び物価を上昇させることなく安全に巻き戻し始めることができるのはいつかを議論している。
短期金融市場は今年4回ではなく5回の0.25ポイント利下げが実施されるとの見方を固めた。
 ラガルド総裁によると、賃金動向に関するECBの先行指標は引き続き強い賃上げ圧力を示しているが、労使合意からは23年の最終四半期に幾らか安定したことが読み取れる。
 シュナーベル理事も最近、拙速な利下げに対して警鐘を鳴らした。
 デコス・スペイン中銀総裁は15日マドリードで、利下げを急ぐ必要はないとの考えを示し、「時間はまだ残っていると語った。」
 昨年は総合インフレ率が大きく低下し、インフレは現在のECB予測が示唆するよりも急速に鈍化しているとの見方が多い。
 ユーロ圏経済は23年下期のリセッション(景気後退)を辛うじて回避したが、見通しは弱い。
しかし、幾つかの先行指標は今後1年間に上向くことを示唆していると述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ラガルドECB総裁、インフレ要因としての賃金の重要性高まっている

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう