おすすめ記事

ラガルドECB総裁、夏の利下げ可能性高い-早期緩和期待けん制

記事を要約すると以下のとおり。

欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は17日、この夏に利下げをすることについて恐らく当局者の間にコンセンサスがあると語った。
決定はデータに依存し、依然として一定水準の不確実性があり、一部の指標はわれわれが望む水準で安定してはいないからだと語った。
投資家の行動が妨げになると論じた。
しかし、2%を中期的に持続できると確信し、それを裏付けるデータが得られるまで、私は勝利を宣言するつもりはない。
 物価見通しを左右するのは賃金動向だ。
 ラガルド氏は賃金リスクについて「様子見だ」と述べ、全ての要因について検証しようとしていると語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ラガルドECB総裁、夏の利下げ可能性高い-早期緩和期待けん制

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう