おすすめ記事

ラガルドECB総裁、現在の政策路線継続は「自分の信念」

記事を要約すると以下のとおり。

欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は20日、物価高騰がピークを過ぎたと見られる中でも政策当局はインフレとの闘いの手を緩めてはならないとの考えを示した。
また、利上げにもかかわらず景気は堅調を維持している。
われわれに必要以上の行動を迫るべきではないと語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ラガルドECB総裁、現在の政策路線継続は「自分の信念」

Twitterでの意見

ぽろ
昨日はFOMC、今日はECB。 パウエル議長もラガルド総裁も「インフレを甘く見てはいけない」的なことを言って市場を諌めるが、最初は市場がこの2人にそれを警告していた。 無視して緩和続けて現在になってる。データで先読みはできないから、今後も安定して実態とタイムラグ起こした金融政策続きそう。
Yasu
仮にシングルマザーでも、むしろ、積極的に国は助成しするべきと、現在のヨーロッパ中央銀行総裁ラガルドは述べています。 働きながら子育てする、女性、夫婦には『減税』してでも『おつり』がくると。少子化に較べれば『子育て減税』は『未来への投資』に…
まねきねこ
『現在の政策路線継続は「自分の信念」と主張するラガルドECB総裁』まねきねこ番外編 小額で買える株|
raorea
【要人発言】 🇪🇺ラガルドECB総裁 「現在の政策路線継続は自分の信念」 「ECBは為替レートを目標にしていない」
🇺🇦🇯🇵ハクナマタタ🇯🇵🇺🇦
ラガルドECB総裁、現在の政策路線継続は「自分の信念」 - Bloomberg
水上紀行STAFF@二代目
🇪🇺🏦ラガルド総裁 「我々が2022年に進んだ回復の道筋をたどり続けなければならない」 「2023年の財政政策が金融政策の逆方向に働くものでないことを望む。我々に必要以上の行動を迫るべきではない」 ラガルドECB総裁、現在の政策路線継続は「自分の信念」
ソンデン
Bloomberg news ラガルドECB総裁、現在の政策路線継続は「自分の信念」 楽天ブックス

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう