おすすめ記事

リセッション深刻度で見解異なる-年初来成績トップの米債券ファンド

記事を要約すると以下のとおり。

 リームズ・アセット・マネジメントでカリヨン・リームズ・コア・プラス・ボンド・ファンドを運用するトッド・トンプソン氏のチームは1-3月(第1四半期)に、米国債市場で短期債の大きな動きを予測してリターンを高めた。
 一方、コロンビア・スレッドニードルの見通しはもっと厳しく、米国債利回りが22年8月に付けた水準まで低下すると見込む。
 ブルームバーグがまとめたデータによれば、カリヨン・リームズのファンドは今年がプラス4.2%のリターンを上げた。
BestPerformersBondfundsbouncebackafterhistoricallossesin2022Source:Bloomberganalysisincludes112activelymanagedfundsinMorningstarDirectNote:Bloomberg,MorningstarDirectNote:Bloomberg,MorningstarDirectNote:Bloomberganalysisincludes112activelymanagedfundsinMorningstarDirectNote:Bloomberganalysisincludes112activelymanagedfundsinMorningstarDirectNote:Bloomberg,MorningstarDirectNote:Bloomberg,MorningstarDirect'sintermediate-termcoreandcore-plusbondcategories,withassetsofatleast$1billion.  先週のデータは、総合インフレ率の高止まりを示した。
 高インフレが執拗(しつよう)に続けば、信用収縮を防ぐために利下げをすることを当局がためらう可能性がある。
当局が緩和に転じると考えているからだ。
コロンビアのファンドは長めのデュレーションで、利回りが低下した場合に大きな利益が得られるポジションを組んでいる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース リセッション深刻度で見解異なる-年初来成績トップの米債券ファンド

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう