おすすめ記事

リセッション確率今や50%割れ、7種資産クラスが示唆-JPモルガン

記事を要約すると以下のとおり。

ウォール街からスイス東部の保養地ダボスで開かれた世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)に至るまで、リセッション(景気後退) 懸念が先週再び取り沙汰されたが、JPモルガン・チェースによれば、金融市場が織り込む景気下降の確率は、実際には2022年の高水準から急低下している。
だが昨年の98%のピークから確率は低下し、ニューイヤーラリーのきっかけとなったソフトランディング(軟着陸)方向に賭ける投資の拡大と一致する。
Market-ImpliedOddsofRecessionTumbleJPMorgan  だがエコノミストらはそれほど楽観的ではなく、コンセンサス予想のリセッション確率は10月時点の50%から65%に上昇した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース リセッション確率今や50%割れ、7種資産クラスが示唆-JPモルガン

Twitterでの意見

ナウティスニュース【公式】
最新コメント18件(01/30 07:25) 【1月22日 登録記事】リセッション確率今や50%割れ、7種資産クラスが示唆-JPモルガン|ナウティスニュース
ソルキャ、アニメ化(未定)
リセッション確率今や50%割れ、7種資産クラスが示唆-JPモルガン から
鈴木脩平
そうあって欲しい リセッション確率今や50%割れ、7種資産クラスが示唆-JPモルガン より
fugasan
景気後退シナリオで今のイールドカーブや株価が形成されてるわけですが、それが違うと言われるとどうなるのでせうか…(´・ω・`) リセッション確率今や50%割れ、7種資産クラスが示唆-JPモルガン より
うつねこ
➜景気の軟着陸方向に賭ける投資拡大がニューイヤーラリーのきっかけ ➜S&P500種株価指数は73%のリセッション到来確率を引き続き反映 リセッション確率今や50%割れ、7種資産クラスが示唆-JPモルガン から
Luke
リセッション確率今や50%割れ、7種資産クラスが示唆-JPモルガン より だがエコノミストらはそれほど楽観的ではなく、コンセンサス予想のリセッション確率は10月時点の50%から65%に上昇した

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう