おすすめ記事

リッチモンド連銀総裁、目標へのインフレ鈍化裏付ける一層の証拠必要

記事を要約すると以下のとおり。

米リッチモンド連銀のバーキン総裁は17日、インフレ率が金融当局の目標である2%まで鈍化することを示すさらなる証拠が必要との見解を示した。
関連記事米CPI、コア指数の伸び小幅鈍化-FOMCは利上げ軌道維持か(3)  3月のFOMC会合後に公表されたドット・プロット(金利予測分布図)では、政策金利水準が米経済の一部を害する恐れがあるかとの質問に、バーキン氏は現在の誘導目標レンジ4.75-5%からあと1回の0.25ポイント利上げを示唆する。
バーキン総裁は今年、FOMCの投票権を持たない。
 労働市場を巡っては「過熱から単なる好調へと変わった」と分析した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース リッチモンド連銀総裁、目標へのインフレ鈍化裏付ける一層の証拠必要

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう